大人の矯正|よこやま矯正歯科

札幌矯正歯科よこやま矯正歯科

最近は、大人になってから矯正治療される患者様も多く、20歳代~70歳代の患者様も通院されています。

大人の方は、自分の意志で治療を受けられる為に目的意識が高く、治療に対する協力を得やすく、スムーズな治療が可能です。

将来の為に健康な口腔環境を維持していく事は大変重要で、きちんと物を噛む事で食物の消化吸収・脳の活性化を助け、ボケ防止にもつながります。

その他、口元の突出感を減らすなど顔の見た目にも良い影響を及ぼすことが多くあります。

矯正治療では、歯の唇側にブラケットを付けるマルチブラケット装置・歯の裏側にブラケットを付けるリンガルブラケット装置を1年~2年半くらいの間装着し、その間3~4週間ごとの調整を行い、歯並びを改善します。

当院では、歯の唇側にマルチブラケット装置を装着する場合により、メタルブラケット、プラスチックブラケット、セラミックブラケットを選択する事が出来ます。また、歯の移動様式の工夫により、ローフリクションタイプのブラケットと変わらない期間短縮、痛みの軽減などを実践しております。

最近では、取り外し可能な透明な矯正装置(インビザライン)も開発されていますので、通常のブラケット治療では難しい方にも治療方法の選択肢は増えてきています。ただし、日本人の不正咬合には向かない場合もあります。

オーソドックスなブラケットです。 ブラケットの変形がなく、安価であることがメリットですが、装着中は目立ってしまうのがデメリットです。

メタルブラケットより審美性に優れ、最近では最も多く利用されているブラケットです。 歯に溶け込む自然観溢れる色合いで、白いワイヤーを用いれば、より審美性が向上します。

白いワイヤーを組み入れることで、審美性をアップさせる事ができます。 治療内容によっては使用できない場合もあります。 ワイヤーを白くコーディングしている為、歯の移動効率を損なわない工夫や、剥がれ難い処理を施したワイヤーなどもご用意しています。